医者

脳梗塞は早めに治療する~重症化ストッパーレスキュー~

重篤な場合は死に至ります

病気の予防は必要不可欠です。脳梗塞の再発は、日常生活の中で防止策をとれます!最も有効的な方法はココからどうぞ。

心臓病が原因

医者

脳の中には多くの細胞が存在しておりそれらの細胞を動かし正常に体を機能させていくためには多くの血液を必要とします。脳梗塞は血栓という血液の塊が脳動脈をふさぐことにより、脳細胞に酸素や栄養がいきわたらなくなり脳細胞が壊死してしまう病気です。壊死した細胞によって動かされていた体の機能はその細胞の死とともにうまく機能しなくなってしまいます。この血栓は脳以外でできたものが脳動脈で詰まってしまうことが多く、その大半は心臓内にできた血栓によって引き起こされています。不整脈などの心臓病があると心臓の中の血流が滞ってしまい血液がよどんでしまうことにより固まりやすくなってしまいます。定期的に心電図などを取り不整脈がないことを確認しましょう。

他の臓器にも影響が

この脳梗塞の原因になる心臓病にもいろいろなものがあります。心房細動や心臓弁膜症、心筋梗塞や心内膜炎や心筋症などこれらの病気を薬物療法や外科療法で治療しておくことも脳梗塞を発症させないために重要なこととなっています。この心臓を起因とする脳梗塞は全く正常だった欠航が突然に途絶えてしまうため短時間でいろいろな症状が発生してきます。動脈をふさいでいた血栓が溶けたり流れ去ってしまい、ふさがれていた動脈が再開通して出血性梗塞を起こすこともあります。また流れてきた複数の血栓が脳内のいたる場所にある動脈に詰まることもあります。脳梗塞に伴って体の他の部位の動脈が詰まることもあり、腎臓や腸、脾臓などの動脈が詰まってしまうこともあります。

DHAとEPAの基礎知識

老人

DHAとEPAには脳梗塞の予防効果があります。DHAとEPAは青魚を食べれば摂取できますが、サプリメントでの摂取が有効だと言えます。高血圧は脳梗塞のシグナルですから、高血圧な人はサプリメントの服用を始めた方が良いでしょう。但し、DHAとEPAの過剰摂取は禁物ですので、用量は守るようにしましょう。

クモ膜下出血の原因を治療

CTスキャン

脳動静脈奇形は脳内の動脈と静脈が直接つながっている状態で、クモ膜下出血を起こし命にかかわることもあるので、発見されたら早期に開頭手術・血管内手術・ガンマナイフなどの方法を組み合わせて治療することが推奨されます。

治療の方法とは

CTスキャン

脳動静脈奇形というのは、毛細血管ができずに動脈と静脈が直接繋がってしまった状態のことです。 妊娠初期の胎児の異常によって起こるものですが、遺伝性の病気ではありません。小さなものの方が、出血しやすいと言われています。