老人

脳梗塞は早めに治療する~重症化ストッパーレスキュー~

クモ膜下出血の原因を治療

重症になる前に処置を

CTスキャン

若い人がクモ膜下出血を起こす原因のひとつに脳動静脈奇形があります。これは先天的な疾患で、脳の動脈と静脈が毛細血管を介さず、直接つながってしまった状態です。動脈の高い血圧が静脈にかかるため、血管が破裂しやすくなり、脳内出血を起こす危険があります。ごく軽度の脳動静脈奇形は、経過観察のみで済ませる場合もありますが、放置しておくと年々出血の確率が高くなっていきます。けいれんの発作を起こしたり、認知症の原因になったりすることもあるので、見つかったら早期に治療することが推奨されます。近年では治療成績も向上しているため、脳出血を起こして命の危険にさらされる前に、設備の整った病院で適切な治療を受ける人が多くなっています。

新しい治療法も採用

脳動静脈奇形の治療法には開頭手術、血管内手術、ガンマナイフなどがあります。根本的に治療するには開頭手術を行ないます。患部をすべて摘出するので確実ですが、高度な技術が必要な難しい手術になります。血管内手術は血管にカテーテルを入れて、ひとつずつ塞いでいく方法です。すべての血管に挿入できるわけではないので、補助的な手段として用いられます。ガンマナイフは最近開発された方法で、放射線を照射し患部だけを消失させます。メスを使う必要がなく、手術が難しい場所でも治療できますが、患部が大きすぎる時には使えません。これらの方法を組み合わせて治療することで、脳動静脈奇形のさまざまな症状を改善していくことが可能です。